中学の同窓会

 

f:id:takkenm3:20181118083528j:plain

 

久しぶりに中学校のクラス同窓会に出席した。あるビルの6階にある中華料理屋さんが会場だ。会場のあるフロアにで、若者が集うこのビルには不似合いな高齢者とすれ違った(私も高齢だが・・)。よく考えると、顔の雰囲気が、今回の同窓会に招待している担任ではないS先生の顔に似ているような気がする。私も店の場所が特定しにくく、フロアをウロウロしていて、再度すれ違った時に、S先生に違いないと確信して、一緒に店の中に入ることにした。中には、既に8割ほど集まっていて、何度も顔を見ていて、完全に過去とつながっている連中と、面影があまりなくて、どうも過去とのつながりが希薄で、よそよそしく話してしまう連中が混在している。

 着席したら、隣は小学校からよく知っているT田さんだった。彼女は苦労人で、バブル後抱えた負債を2箇所で働いて返済しつつ、立派に子育てをして、最近マンションを買ったらしいが、80過ぎまで働くつもりらしい。彼女は、右隣の私、左隣のS先生、H先生などに運ばれてくる全ての料理を小皿によそいつつ、S先生やH先生の生い立ち・現役時代の話・引退後の話・家庭内での話・ACバイパス手術の話・近所の買い物話・・・・・など、多岐にわたる様々な話題について話していて、殆ど尋問に近い雰囲気のマシンガントークは、2時間半ほど続いていた。彼女は、大酒飲みの雰囲気を漂わせながらも、烏龍茶しか飲まない。マシンガントークをしながらも、烏龍茶を切らすことなく、なくなりかける前には、必ず店員に頼んでいた。しかも私の分やその隣のYさんの分まで。もうすごいとしか言いようがない。途中から、いつも寝ながら聴くYoutubeのように彼女のマシンガンの響きを聴きつつ、気持ちよくウトウトしていた。きっと彼女は頭がいいのだろう。一次会が終わって、若干眠かったのだが、2次会のカラオケについていくと、今度は彼女の歌声が途切れることなく響き渡っている。すごいなあ・・・私なんかとはミトコンドリアの能力が違うのだろうか。細胞が作り出すエネルギーの差を感じてしまう。

 小学校低学年で彼女と出会ったとき、確か腕相撲で負けた記憶がある。あれから、50年経ったが、改めて凄いと感じたよ。T田さん。

  

 

 

珈琲にハマる その2

f:id:takkenm3:20181004121132j:plain

珈琲豆の焙煎を始めてしまった。最初はちょっとしたきっかけだった。元々珈琲が好きだったのだが、豆だけは、40年以上南米珈琲の豆を使っていたのだが、気がつけば、惰性と習慣で珈琲を飲んでいて、心をこめて淹れることは稀になっていた。そんなときに、偶々お酒を呑んだあと、フラフラと本屋に入って買った丸山健太郎氏の珈琲完全バイブル。別に熟読する訳でもなく、リビングに長期間放置されていたのだが、ちらちらと眺めていると、何か違うのだ。珈琲と言えば、ブルーマウンテン・キリマンジャロモカ・コロンビア・グアテマラ・ブラジル・マンデリン。これぐらいしか知らないのだが、ちょいと勉強して、豆を買おうと思った店では、そんな名前が並んでいない。コロンビアの中には、サンチュアリオ農園グアヤボス、ラ・ハシエンダ農園、エスペランサ農園といった農園別に豆が売られていたり、ピンクブルボンという品種名で売られている。じゃあ、今まで買っていたコロンビアって何なの?

 コロンビアって、豆の品種があるんかと思っていたら、豆の種類は、ブルボン・カトゥーラ・ティピカ・・など様々な品種があり、よく買っていたコロンビア・スプレモってのを見ると、スプレモっては、豆の大きさがスクリーン17以上(6.75mm以上)の大きさのものを言うそうです。品種は不明となっているので、様々な農園で採れた、アラビカ種の様々な豆が混じっていて、その大きさがスクリーン17以上であればいいのかも。少し小粒でスクリーン14〜16であればエクセルソと呼ぶそうです。味は大差ないようです。当然玉石混交のようで、味にはバラツキがあるのは仕方ない?

※『穴の開いたふるい(スクリーン)のサイズで豆の大きさを示し、スクリーン17とは64分の17インチ(6.75mm(1インチは25.4mm)のやや大きな豆』

 コロンビアでも、コロンビア/サンチュアリオ農園グアヤボスってのを選ぶと、説明には、コロンビアのポパヤン・グアヤボスという地域にあるサンチュアリオ農園の珈琲豆で、品種はティピカ、精製方法はフリーウォッシュド・・・・と記載されています。こうなってくると、豆の選択も、かつて、ブルマン・モカ・・・など7種類ぐらいだったのが、もう100種類以上に広がります。ワクワクするなあ・・・

貴乃花

素敵な二人の対談
https://number.bunshun.jp/articles/-/831282

子供の頃、豊山のファンだった。私の世代は、大鵬柏戸全盛時代で、巨人大鵬卵焼き時代でもある。何故か私は、阪神豊山目玉焼き?だった。一番強いものに憧れない体質なのかもしれないが、当時テレビやラジオで、強いのか弱いのかよくわからない豊山を応援していた記憶がある。その後、玉の海が好きだったが、彼は何故か死んでしまった。次に好きになったのが輪島。なぜ『黄金の左』なのかよく理解できなかったが、やんちゃな彼が好きだった。横綱になれない貴ノ花(父)も好きだったが・・。北の湖はあの表情なので、勝てば勝つほど憎らしかった。あとはなんと言ってもかっこいい千代の富士。彼のスタイルは大相撲の長い歴史の中で、どのように評価されるのかは知らないけど、とりあえずカッコ良かった。そして貴乃花。彼の相撲は力強いくて美しかった。そして、そんな美しい最後の横綱だった気がする。彼の引退後、下品なモンゴル勢の横綱が続く暗黒時代に入ったままだ。
相撲協会も他のアマチュアスポーツ協会同様、大きな組織を世界標準の公正・透明な運営なんかできておらず、褌締めて相撲をとることしか知らない連中が運営しているのだ。小さな頃からこの世界に入り、相撲界の事しか知らない連中が、薄汚い歴史と伝統に則って、理事のポジションを独占し、薄汚い歴史と伝統を継承してくのだろう。本当に公正で透明な貴乃花が改革なんか起こされたら大変で、うまく彼が辞任する方向へ追い詰める事ができたので、相撲協会の思惑通り。これで、もし稀勢の里が引退するような事があれば、相撲なんか二度と見ないかも。

新兵器?

雨の中、ライバルは、新兵器(マルマンのConductor)を携えてやってきた(これで何回目かなあ・・)。月1回の対決で、ここ数年毎月苦杯をなめ続けているライバル。イップスに悩まされ、奇跡のゴルフレッスンの動画を見たり、少し短めのドライバーを買ったり、ついには精神科領域の書物にも手を伸ばして克服を目指してきた。セレブなのに、コスパには超うるさいライバルにしては、大枚数万円も払い、ドライバー・ユーティリティーを含むセットを購入し、雨の中真っ赤なジャガーに乗ってやってきた。しかも、いつでもどんな状況でも、ドライバーを振り回し、飛距離命だった彼が、ここは狭いからと、『ちんちくりん』のユーティリティーを持ってティーグラウンドに立っている。私の、口撃なんか物ともせず、ニンマリしながら・・・。そして確率の高いティショットを放つではないか。当然、ハンデ1個ずつ渡していることもあり、結構頑張ったのですが激戦となり、最終的に、ひとつ負けてしまった。ライバルとの定期戦も、もう15年以上続いている気がするが、ライバルはようやく長ーいトンネルの出口が見えた気になっている筈。秋に向けて戦いは激しいものになるかもしれない。


こんな寒い日にも、戦っているのです^^;

珈琲にハマる その1


初めて珈琲を飲んだのはもう50年以上前なのだろう。多分最初はネスカフェ中村吉右衛門遠藤周作のように、『違いのわかる』大人を目指したのかもしれない。高校生になってから、珈琲ショップ巡りをして、最終的にたどり着いたのは、心斎橋のMJB(エムゼービー?)だった(多分和田君の影響?)。当時は他に淀屋橋・上六?入れて3店舗あったのだが、今はすべて閉店してしまったようです。淀屋橋店だけは、長らく存在していたのですが、この時点で、ネット検索するとビックリ・・・。2017年11月30日に閉店となっていて、若干ショックを受けています。当時七色の珈琲といって、曜日によっておすすめの珈琲が決まっていた(多分少し安かった筈・・)。薄暗い店内で文庫本を読みながら、1杯の珈琲で何時間も粘ったのを覚えています。営業妨害少年だったのでしょうね。この名店も時代の流れには逆らえないのでしょう。スターバックスドトールにおされたのでしょうか。丁寧にドリップで淹れる老舗のショップの終焉はなんとも寂しいかぎりです。時の流れは、自分の長らく親しんできたものを押し流してしまい、目新しい見慣れぬ店や物に囲まれて、私もこの世から去っていくのだろうか・・・。
そんな暗い話を書こうとしたのではなく、少し前から新しい珈琲の世界を覗きつつあります。珈琲豆といえば、キリマンジャロモカ・ブラジル・・・・ブルーマウンテンなど産地というか生産国の名前で表されるのですが、よく考えたら、ものすごく大雑把な言い方で、どの品種の珈琲を、どの国の、どの農園で栽培して、どのように収穫して、処理され、選別されて輸出。焙煎して我々の手元に届くのか・・・と考えると、珈琲豆を単に産地の名前だけで呼ぶのは問題があるようです。世界各国で基準が異なるようですが、生産段階から精製過程にまで、品質管理がしっかり行われている、上質の珈琲豆をカッピングして基準を満たしたものを『スペシャティーコーヒー』と呼んでいるようです。まあ少なくとも、40年以上前に珈琲にハマった時には存在しなかった名称のようです。日本酒で言えば、何処のどんな種類の米で作られた酒かわからないものもあれば、琴浦町の杉山信一郎さんが丹精込めて作られた山田錦を、山根酒造場(蔵元:山根正紀、杜氏:前田一洋)で65%精米して7号酵母で醸した日置桜の『山滴る』のような・・・・成り立ちがわかっている酒をスペシャティー◯◯と呼んでいるようです。 日本酒の場合は、だからといって値段が高くありませんが・・・。スペシャティーコーヒーは、オークションにかけられて、高い(妥当な?)値段をつけることで、発展途上国の支援にもなっているようです。


珈琲の品種

  • アラビカ種

 -・ティピカ、ブルボン、ゲイシャ等(原種)※生産量は少なく、木が大きくなり収穫しづらく、病気にも弱いですが、コーヒーの風味は良い
 -・カトゥーラ、カトゥアイ、ムンドノーボなど(ティピカやブルボンから突然変異や自然・人工交配で生まれた品種)

  • カネフォラ種(俗称ロブスタ種)
  • ハイブリッド種

※世界で生産されているコーヒーは約1億3,000万袋で、アラビカ種が60%、カネフォラ種が40%の生産比率。豆の情報は https://www.specialty-coffee.jp/ から

収穫時期は産地によって異なり、

  1. 北半球の産地(10月〜3月頃)…中米、カリブ海エチオピアベトナムなど。
  2. 南半球の産地(4月〜9月頃)…ブラジル、ペルーなど
  3. 赤道直下(年に2回)…コロンビア、インドネシアタンザニアケニアなど

※同じ木でも、一斉に熟するわけではないようで、一度には収穫できず、熟したものから、ひとつずつ手摘みしているようです。

珈琲豆は、我々が手にすることができる生豆の外側には、外から果皮・果肉があり、その内側にはミューシレージというネバネバした部位があるらしい。この果皮・果肉・ミューシレージを取り除く作業方法にいつくかあり、同じ豆でも味が変わるそうです。

  1. 非水洗処理方法 (ナチュラル) 【収穫→コーヒーの実をそのまま乾燥→寝かせる→脱殻機にかける→生豆】 ※独特の香りや甘みがあるらしい。
  2. 水洗処理方式(ウォッシュド) 【収穫→果肉除去機(パルパー)で外皮と果肉を取り除く→ミューシレージを取り除く→乾燥させる→寝かせる→脱殻機にかける→生豆】 ※世界のほとんどの国ではこの生産処理が一般的で、比較的くせのない酸味のあるのが特長
  3. パルプドナチュラル(ハニープロセス) 【収穫→果肉除去機(パルパー)で外皮と果肉を取り除く→乾燥させる→寝かせる→脱殻機にかける→生豆】 ※1と2の中間。ミューシレージを残したまま乾燥工程へ。豆はミューシレージによって蜂蜜(ハニー)のようにベタベタしていて、この方法で作られる豆をハニーコーヒーと呼ぶ。ミューシレージの残存率によって、50%残存がイエローハニー。100%がレッドハニー。100%で糖度が高いものをブラックハニー。
  4. スマトラ式 【収穫→果肉除去機(パルパー)で外皮と果肉を取り除く→乾燥させる→半乾きの状態で脱穀→再び乾燥→生豆】 ※マンデリンはこの方法らしい。
  5. アナエロビコ(アナエロビック・ファーメンション) ※ミューシレージまみれにする?

・・・・
だんだん難しくなってきました。たかが珈琲ですが、されど 珈琲・・・
とあるショップのミャンマー産の豆は、これだけの情報が・・・

  • 国 名 / Country:ミャンマー / Myanmar
  • 地 域 / Region:シャン州ユアンガン / Ywar Ngan in Shan state
  • 標 高 / Altitude: 1,400 - 1,600m
  • 品 種 / Variety:カツーラ、カツアイ、サンラモン、s795 / Caturra, Catuai, San Ramon, s795
  • 精 製 / Process: ハニープロセス / Honey process
  • 焙 煎 / Roast level: 中煎 / Medium roast

一度、ハニープロセスのミャンマー産の豆を中煎りにして、いつものドリップで淹れてみようかな・・・^^;

夏のイベント2018


よく考えたら、今年で開業して20年目なのだが、特に特別なイベントをすることもなく、いつものように、お盆休み前・恒例の夏のイベントを開催。新しい企画を行う発想力も気力もないので、マンネリのボーリング大会(14回目)と美味しい食事が絶対条件の食事会。
ボーリング大会は、昨年に引き続き桜橋ボウルにて。一人50肩で見学にまわりましたが、9名の壮絶な戦いが(^o^) 今回の優勝賞品は、若干中高年には厳しいかもしれませんが、立派なサシの入った分厚いロースのステーキ肉。1ゲームあたりHD最高70という、院長特別の計らいにより、客観的には凡ゲームの泥試合が、手に汗握る思わぬ接戦に・・・。結果、『カドマノメガミ』さんが、出場8回目にして、悲願の初優勝。おめでとうございます。楽しい2時間を過ごした後に、梅田から東西線で鴫野経由今里へ。何故、いつも、不便な場所の店ばかり選ぶのかと怒られそうですが、30分以上かけて、今里へ移動して、当院イベントとしては、初めての『大阪まんぷく堂』へ。還暦過ぎの私には若干量が多かったが、非常にハイレベルな料理に満足しました。日本酒の品揃えが、若干私の好みと違う部分もありましたが、十旭日・大七神亀・天の戸・・・あたりは問題なく美味しくいただけました。


 開業して20年過ぎましたが、コツコツと努力を積み重ねる事が、医師としての最高のスタンスだと思ってますので、もうしばらく体力の続く間は、この調子で頑張ろうかな・・

Kimpai

最近は、呑みにゆくより、家で呑む事が多いので、このシステムは非常に有用だ。
美味しいお酒を入手する手段は、十分なレベルに達しているのだが、酒の肴は、なかなかハイレベルとはいかない。ところが、あの天才料理人O氏が、美味しい料理や食材を作っては直販するという、馴染みのないシステムに遭遇してしまった。もともとフレンチのシェフらしいのだが、なんでもできる感じ。以前、とんでもない大衆居酒屋という名のスーパー居酒屋をされていたのだが、1000日ほど、銀座8丁目で高級料理屋をして大阪へ戻って来られたようです。

  • 《ゴマの葉香る、渡り蟹のケジャン》
  • 《オマールブルーのアメリケーヌソース》
  • 《和牛のタンの欧風カレー》
  • 【完全無添加XO醤100g】
  • 無添加焼肉のタレ350ml】
  • 純胡椒Lサイズ
  • 【ちりめんぶどう山椒50g】
  • 無添加北海道産きんきの一夜干し2枚】
  • 【自家製熟成ベーコン300g】
  • 鯨ベーコン200g
  • 塩ウニ
  • 【グルクンの分化干し】
  • からすみ
  • 姫ますのマリネ 

次は何かなあ・・・