Hさん

Hさんがやってきた。

父が大阪で開業したのは、昭和40年頃。Hさんは、多分その頃、何故か家によく出入りしていた。ちょっとガラの悪そうな雰囲気の人だったような。このHさんが、何十年ぶりかで、受診された。面影は十分残っているが、かつてのちょっと怖いイメージは消えている。老人にありがちな、鼻涙管狭窄が原因の流涙で、専門の病院を紹介しようか・・と言うと、あまり気にならないから大丈夫だと。悪化するか、手術希望ならまて来てね・・と言って診察は終了した。(僕の顔を見に来てくれたのかなあ・・・)

ただ、何故このHさんが、我が家に出入りしていたのか、気になったので、ちょっと聞いてみたら・・・

元々は患者だったが、京都から出てきて開業したてだった亡き父に、このあたりの地理がわからないので、車で案内してほしい。親父は酒を飲むので、夜は運転できないから、お前が、酒を飲まずに運転して、地理を教えろなどと言われたらしい。むちゃくちゃや・・と笑いながら教えてくれた。患者さんとそんな関係を作ってしまうなんて信じられないが・・。ただ、Hさんに子供ができた時(女の子、今は50歳を越えているらしい)、自分には、男二人しか子供がいないので、その女の子の名前は私が付けるといって、名付け親になったらしい。今はその女性にも子供(孫)ができて、今は看護師なっているとか・・。

 

 Hさんが、帰った後、あの頃の、ちょっとやんちゃな感じの顔が蘇ってきた。うるっとくるほど懐かしい・・

 

 それにしても、親父は各分野に一人、決まった人を見つけ、死ぬまでその人と付き合っていたような気がする。Hさんの担当分野はよくわからないままだが・・

  1. 大工:N原さん
  2. 水道:A馬さん
  3. 自動車:U田さん
  4. タクシー:I坂さんか日本タクシー
  5. 電化製品:元ヒマツデンキの白川さん
  6. 旅行:N田さん
  7. 警察:ゲンさん
  8. 問屋:ニワさん
  9. 芸者:豆ちゃん
  10. ラウンジ:ろんぽあん
  11. 芸人:平川さん
  12. 酒屋:為川さん
  13. リゾートホテル:中田、浅利
  14. 眼鏡:春木
  15. ホテル:東洋ホテルの孫野さん?

 

 

 

無事、初孫誕生(しかも二人)

ついに『おじいちゃん』になりました。ただ孫ができたという現実よりも、長い不妊治療を乗り越えて、何とか妊娠できたと思ったら、一卵性双生児でまた心配し、そろそろ出産と思ったら妊娠高血圧・蛋白尿・浮腫が悪化して、またドキドキしましたが、今朝緊急に帝王切開となり、無事出産したようです。取り敢えず今は、母子ともに大きな問題がないことを喜びたいと思います。香奈、おめでとう・・

次女

長女

 

岸田内閣の支持率が高い理由

 検討ばかりで何もしない、財務省の言いなりで、中韓にすりよる外相や幹事長を有し、真の保守と思われる人たちに評判最悪の岸田政権の支持率が何故高いのか・・。誰かが説明されていた話が妙に納得できた。安倍さんはどちらかというと右側の人たちに支持されていて、岸田さんはやや左側の人たちに支持されいる。問題は、真ん中のオールドメディアばかりを見ている多くの人達。彼らはオールドメディアの言い分を真に受けて、支持・不支持の判断が揺れ動く。モリカケサクラと、安倍さんをあれほど根拠なく批判し続けたオールドメディアは、リベラル岸田を批判しない。この黄色層が結果として岸田を支持にまわるのが、岸田が高い支持率を続けている理由らしい。まだまだクソメディアの力は大きいのかもしれない・・・

 









 

ジェノサイド五輪

 もうすぐ北京でオリンピックが開催されるらしい。ただ、一見平和に装ったスポーツの祭典の裏側ではジェノサイドが継続して行われているのだが、選手はそんな事知らぬふりをして、スポーツに専念できるのだろうか?

https://www.bbc.com/japanese/57437638

 日本においては、ワクチン普及率も相まって、現在流行中のオミクロン変異株の重症化率は非常に低いものとなり、このコロナ騒ぎも終息しつつあると思うのだが、中国ではシノバックの有効率の低さのおかげか、デルタ株の感染爆発がおきているようで、西安がロックダウン、天津も危ないらしい。北京までもうすぐ・・。あの国の封じ込め方法は、感染者がでると、マンションなら出入り口を物理的に閉鎖して、その濃厚接触者も含めて隔離施設の強制収容するらしい。そんな国でオリンピック?

https://www.sankei.com/article/20220106-J44M6CJCM5JIPN3VDMPTTPKCP4/

 オランダは、選手団に諜報防止の為に、携帯電話を持っていかないように要請しているらしい。ポンペイオも携帯やパソコンは持っていかなようにツイートしていた。そんな国でオリンピック?

https://nordot.app/854017474127331328?fbclid=IwAR13G2

bsU53f8ohthp52VfUdYot54ZyHmuGu6rbQkWfuqZkxXPCVxM31aI0

 ドイツでは、ドーピング対策として、中国産の肉を食べないように警告している。つまり、食事は持参しないとだめなのかな?そんな国でオリンピック?

https://news.yahoo.co.jp/articles/2825aaece7f0b35150b1c4aaa0f0d8008bc1c3f3?fbclid=IwAR32Ga2TUKH4a-xDgNLbkadsPnXfm2Qc7t82xIgOiEfVuqT54Mm0XtRMAOY

 そこら中に監視カメラがあり、様々なトラップが仕掛けられているあの国から帰ってきた時に、いったい何人のオリンピック選手及び関係者が無事で帰ってこられるのだろうか・・・

https://facta.co.jp/article/200810020.html

酒の伝統

f:id:takkenm3:20151007203122j:plain


焼酎の後は、スモーキーなシングルモルトウイスキーに嵌っていたのに、純米酒を極めるという本に偶然出会ったのが、平成17年頃。影響を受けやすいおっさんは、急に日本酒を呑みだした。酒販店の影響ですぐに鷹勇に嵌ってしまい、平成9年BYの山廃までさかのぼって、呑んだと書いている。専門家と異なり、酒質の微妙な変化はわからないが、旨くてたまらなかった。この頃一番たくさん呑んだ銘柄かもしれない。数年すると坂本杜氏が引退されるという話を聞き、ちょっと焦って呑んでいたような気もする。少し置いておけば良かったなあ・・・。先日、何故鷹勇の酒質が変化したのか・・・がわかる言葉のやり取りを目にして衝撃を受けた。時が流れと共に、人、人の集まり、組織、会社、そして国。すべてが徐々に変化していくのは避けがたい。いい感じで変化することもあれば、その逆もある。伝統が受け継がれることもあれば、そうでないこともある。あの好みど真ん中だった鷹勇も、その魂を受け継がれる事なく、消えていく運命なのだろう。

 ただ手元にはもったいなくてまだ呑んでいないSAGAの山廃純米大吟醸が1本だけある。この中に伝統が息づいているといいな。この夏休みに確認してみよう。

若井けいじ師匠 逝く

古くからの知り合いが一人逝ってしまった。亡き父はこのひとを息子のように可愛がっていました。晩年の父には、血のつながっている息子二人の他に、息子のような存在の芸人が二人いました。一人はWヤングの平川さんで、もうひとりが若井けいじ。

 その平川さんも2019年11月に亡くなりましたが、先日(2021年7月26日)、けいちゃんも逝ってしまった。昔、若井はんじ・けんじという漫才師がいたが、けいちゃんは、多分若井はんじの最後の弟子だったのだと思う。不思議な芸人で、メディアには殆ど出ることがなかったのだが、独自のネットワーク(人脈)の中で芸人として生き延びてきた。昔、彼の芸能生活○○周年ってイベントに出たことがあるが、出席してコメントする芸能人は、皆不思議がっていました。その時に書いたブログがこれ・・

takkenm3.hatenablog.com

 

wakaikeiji.jimdofree.com

 人と人の間には、独特の距離感があり、親しく付き合っている時は、適度な距離感を保つことは容易なのだが、チョット間が空いて、疎遠になると、距離感をどの程度にしていいのかわからなくなる。そんな事を考えている間に、逝ってしまった感じがする。けいちゃんゴメンね。

 

美しい日本を取り戻す運動

 以前、小泉さんは、郵政改革の時、造反議員の選挙区に刺客を立ててまで、改革を断行しようとしたが、あのやり方を真似てくれないかなあ・・。
 美しい日本を取り戻すため、親中議員の選挙区に刺客を建てる。山口・千葉・和歌山・北海道・静岡・・・・色々あると思うけど。そして、選挙では、正面切って問い続ける。日本は民主主義や人権の尊重などを価値として共有する国家(西側諸国)との関係を取るのか、お金のためにジェノサイド国家中国との連携をとるのか・・と。選挙期間中、それを何度何度も連呼する。いいと思うけどなあ・・